×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴブリンシャークの生態

ゴブリンシャークは幻のサメで和名はミツクリザメといいます。

ゴブリンシャークの形態は突きだした吻とエイリアンの様に出し入れ自由な口、グニャグニャな体等、おもしろい特徴で吻には電気受容器のロレンチニ瓶を多数備えており海底の餌を探すのに役立っています。

吻は軟骨性で柔軟なためカジキ類の吻のように攻撃や防御を行うには適していませんし、ゴブリンシャークは顎が前方に突出した姿で描かれることが多いが突出自体はサメ類が共通して持っている性質であり、さほど驚くに値しません。本種の場合は顎が容易に、しかもかなり顕著に突出して目立つため、そのように描かれるのでしょう。

上顎は湾曲し鳥の嘴のような形をしていて口の前半部の歯は長く尖り表面は滑らかで内側に向けて曲がっていますが後半部の歯はやや短く、ものを噛み砕くのに適していてゴブリンシャークの全長は最大で5m程度に達しますが平均的な個体は3mに満たないです。

背には比較的小さな背鰭を2基また胸鰭,腹鰭,臀鰭を備え尾鰭は上葉(上半分)が長く下葉(下半分)は上葉に比べてかなり短いです。

ゴブリンシャークは深海魚!

ゴブリンシャークの体には古代のサメの特徴を残しており生きている化石などとも呼ばれています。特徴的な外見から映画「ガメラ対深海怪獣ジグラ」に登場する敵怪獣ジグラのモチーフとして採用されたこともあります。

ゴブリンシャークはその長い吻を使って海底の餌生物を探し出し大きく顎を突出させて獲物を捕らえるものと考えられていますがカニなど硬い甲羅をもつものは奥歯で噛み砕いて食べ餌は主に深海性の甲殻類や頭足類,硬骨魚類や他のサメ類です。

ゴブリンシャークとは深海種であり、これまでに捕獲された個体も少ないため生態の解明は難航しており生殖に関しては事実上何も分かっていません。

日本でも初めて存在が確認されて何十体か捕獲されていますがほとんどその生態は知られておらず千葉県沖の東京海底谷の入り口で多くの幼体が見つかり漁の網にかかることがあります。水深1200m か、あるいはそれ以上の深海底にゴブリンシャークは生息し通常人間が海中で生きている姿を目にすることはありません。

これまでに捕獲されたのは貴重ということもあり剥製標本にされたり研究に使われています。一時は生きたゴブリンシャークが海洋科学博物館や水族館にて飼育されていたと聞いていますが、これは極めてまれな例です。

ゴブリンシャークの剥製標本は、しながわ水族館(東京都),京急油壺マリンパーク(神奈川県),葉山しおさい博物館(神奈川県),世界クワガタムシ博物館(埼玉県),駿河湾深海生物博物館(静岡県)などで見ることができます。

Copyright © ゴブリンシャークの生態 All rights reserved